【広島県FA】6月以降の活動について(第2報)

 
                                                  2020年6月15日
 
関係各位
 
新型コロナウィルス感染症に対する対応につきましては、皆様のご理解ご協力に心より感謝申し上げます。
6月を前に政府より発出されておりました「緊急事態宣言」も解除され、街中にも徐々に活気が戻ってきております。
しかし、大変残念ながら、新型コロナウイルス感染症に有効な防止策や治療方法が確立されておらず、
人々の健康を守る方法は現在のところ接触を回避する以外にありません。
今後も、完全なる終息を迎えるまでは、一人一人感染拡大防止のためにできることを続ける必要があります。
そのような状況の中、6月1日より学校も通常の登校となり、部活動も再開されます。
先日、5月22日に日本サッカー協会より、「JFA サッカー活動再開に向けたガイドライン」が策定され展開されましたが、
一部が以下の通り改定されましたので、ご確認くださいますようお願い致します。
 
1. 活動再開時及び再開以降の活動規模の設定
添付資料1のP10~P12、添付資料2のP7~P8になります。
活動再開以降にどのような規模感でイベントを段階的に再開していくかの基準を示しました。
Jリーグもこの政府方針に沿って再開されるものと理解しています。
JFAとしてもこの方針に沿ってイベントを再開します。
 
2. 夏季における熱中症予防に向けた留意点
添付資料2のP15 (8)になります。
添付資料2のP21で日本スポーツ協会の資料をすでに掲載してはいたものの、政府からも改めて発信があったことに伴い、
留意点という形で追記しました。
(政府方針)https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_coronanettyuu.html  
 
これは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大のリスクを最大限に排除し、サッカーファミリーが安全に
活動できる環境を提供するための目安としてまとめられたものです。
広島県FAとしては、県内の状況等を踏まえ、グループの活動の再開日を基準とし、JFAのガイドラインに沿って活動再開を
計画的に行っていただきたいと思います。(添付資料参照)

その際、選手、指導者、審判、その他関係者の安全を最優先に実施していただくようにお願い申し上げます。

                                       公益財団法人 広島県サッカー協会


1JFA サッカー活動の再開に向けたガイドラインの策定について_20200612.pdf
2JFA サッカー活動の再開に向けたガイドライン(第2版)_20200612.pdf
各種チェックリストデータ_20200612.xlsx